色彩士検定 後援:文部科学省・(財)日本色彩研究所・(財)専修学校教育振興会
色彩士検定とは… 色彩について学んでいる人、デザイナーやアーティスト等を目指す人、また広く色彩について興味を持つ人のための検定です。
基礎からの幅広い知識と、実際に色を使うための技能の両方に重点をおいて検定が行われます。理論問題とともに画材を用いた演習実技問題が出題されるのが特徴です。
3級 色彩に関わる仕事に従事するための基礎知識と技能を持つ。基礎的な色彩理論と混色技術を有するレベル
業界からの視点→色彩の専門教育を受けており、色の扱いに信頼のおける人材。
2級 比較的色彩の重要性が高い仕事に必要な色彩知識と、色選定から実施まあで担当できる能力を有するレベル
業界からの視点→その業界で使用されている色材の選定、選択、扱いを理解し、人材として期待できる。
1級 高度な色彩知識を身につけ、さらに色彩計画並びに色彩に関する研究など色彩を専門に扱う能力を有するレベル
業界からの視点→色彩計画、色彩教育を依頼できる能力を有する
色彩士検定対策講座あります。日程、受講料など詳細はお問い合わせください。 053-471-8707