2011年度 AFT色彩検定1級対策コース   教育訓練給付金制度指定講座

AFT色彩検定1級1次に受験に必要な知識の習得と、2次試験に重要な配色応用を体系的に学びます。
1次対策コースのみ、2次対策コースのみの受講もできます。

2011年冬期 1次試験 2次試験  日程はしばらくお待ちください。
2010年冬期1級 合格者でました! 

入学金 10,500円(税込)(AACカラーワークスに初めて入校される方)
授業料 252,000円(税込) 公式テキスト4200円・模擬試験・資料代は含まれません) 
1次対策コースのみは173,250円(税込)
2次対策コースのみは105,000円(税込)
■テキスト代、資料代等は上記の額に含まれませんので別途必要となります
■補講…希望者のみ1時間2,100円(1回2時間まで)で行います。
■模擬試験は希望者のみです。
 時間は後日連絡します。

模擬試験のみ受けることもできます。
1次模試  AACカラーワークススクール生 2,575円(税込)
1次模試  外部希望者 5,250円(税込)  
2次模試  AACカラーワークススクール生 3,150円(税込)
2次模試  外部希望者 6,300円(税込)  
教育訓練給付金支給対象者
 教育訓練給付金の支給対象者(受給資格者)は、次の(1)又は(2)のいずれかに該当する方であって、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した方です。
(1) 雇用保険の一般被保険者
 厚生労働大臣が指定した教育訓練の受講を開始した日(以下「受講開始日」*という。)において雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間**が3年以上(※)ある方。
(2) 雇用保険の一般被保険者であった方
 受講開始日において一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年(適用対象期間の延長***が行われた場合には最大4年)以内であり、かつ支給要件期間が3年以上(※)ある方。

上記(1)、(2)とも、当分の間、初めて教育訓練給付の支給を受けようとする方については支給要件期間が1年以上あれば可。
(注)  一般被保険者の方は、65歳の誕生日の前日に一般被保険者でなくなり、高年齢継続被保険者として資格が切り替りますので、受講開始日が66歳の誕生日の前日以降にある場合は支給対象になりません。
教育訓練給付金支給額
厚生労働大臣が指定した教育訓練を受けて修了(終了基準あり)した場合、その受講のために受講者本人が教育訓練施設に対して支払った教育訓練経費の20%に相当する額をハローワークより支給します。
 ただし、その20%に相当する額が、10万円を超える場合の支給額は10万円となります。
教育訓練給付金制度を希望される方は…
教育訓練給付金制度の受給資格の有無は管轄のハローワークにて照会する事が出来ます。受講の前に各自で照会をしてください。